旅行(金沢~東京)’11秋

2011年9月19日 (月)

PET1の一人旅~⑨東京編【新宿・渋谷~帰還!!】

この旅行記も、ようやく最終話。

前回のいとなみ!?から一夜明けて、
とうとう最終日の9月12日(月)を迎えました。

ホテルでのチェックアウトを済ませ、
キャリーバックは宅急便で送ってもらいました。

この日も、かなり暑い天候でした。
浜松町のモノレール乗り場で、
先に帰りの切符を買っておきます。

俺の場合、東京見物でのお決まりの行動。
まあ、できるだけスムーズに動けるようにですね。

今回、東京へ寄ったのは、
前回の目的の他は、主に自分の買い物関連。

向かったのは渋谷。
JRで駅に降り立つと、
テレビなんかでよく見かけるお馴染みの光景。
298
ハチ公口に出た所。右手がQ-FRONTですね。
左手を回って、お目当てのトランペット専門店の
「トランペットステーション」に向かいます。

東京へ来たときは、
必ずと言っていいほど、ここに寄ります。

何というか、トランぺッターにとっては
ユートピアのような場所ですね♪

何となく場所を覚えていたおかげで、
今回は迷わず行けました♪わお☆
301  

トランペットステーションは、
こぢんまりとしたビルの2階にある楽器屋さん。

店内に入ると、エアコンが程よく効いていて
まさに「ゆーとぴあ」でした(笑)

なかなか見られない楽器のラインナップが凄くて
一日中眺めていても、うっとりしてしまいそうです(^^;

正直、欲しいトランペットもあったんだけど、
使いこなせるスキルが無ければ、
そんな金もありません・・。

とりあえず、パーツ類とマウスピースを買っていく事に。

マウスピースは色々見ていて、気になる銘柄がありました。
店員さんに普段自分が使っているサイズを伝えて
イケそうな型番を教えてもらい、試奏させてもらいました。

試奏室に通されて、簡単にウォーミングアップをしたのち、
今回のマウスピースを試し吹き。

302
NEWYORK CLASSIC(ニューヨーククラシック)と言う銘柄の
マウスピースのとある型番を選んだんだけど、
音階を上げると、音が一気に明るくなるような印象でした。

店員さんに聞くと、JAZZ向きの一本らしい。

まだ練習不足の感がぬぐえないから、
もっと吹きこんだら、使えそうな感じになるかな・・・?

用途によって、選択肢に入る1本と言った感じでした。
ハイトーンがめちゃめちゃ明るく響いているのが
すごく印象的なマウスピース。

面白そうなんで、購入しました。
でも、本番で使うかどうかは・・・・(汗;


色々買い漁った後、
まだ飛行機の時間があったので、
新宿へ移動し、東口のアルタビルの中を物色。
303
アルタビルと言えば、あの「笑っていいとも!!」で
お馴染みのスタジオがある所ですね♪

まあ、当然ながら、
アルタにタ○リはいませんでした(笑)

店内は、どっちかと言うと、
若い女性向けのお店が多いですねぇ~。

彼女とか連れて行ったら、
つき合わされそうな・・・でもないのかな(^^;


ふと時計を見ると、
一気に顔が青ざめました。

飛行機の出発時間まで1時間を切った・・・!


今まで俺が飛行機を利用していて、
最大の誤算でした。

新宿からだと、
①浜松町駅まで・・・約30分
②モノレールに乗って羽田空港まで・・・約20分弱

これに待ち時間とか、空港でのチェックイン手続きとか
手荷物検査とか入れると、とてもじゃないけど、
1時間で済む話ではありません。

何度も訪れている東京で
多少なりとも慣れていたのか、油断してしまいました・・・。

とにかく急ぐしかありません。
電車やモノレールでの移動は、
とにかく祈るような微妙な心境でした。

羽田空港に到着すると同時に
チェックインカウンターへ猛ダッシュ!!!

何とかカウンターへ到着し、
事情を話すも、万事休す。その便に乗ることが出来ませんでした。。

しかしながら、受付のおねぇーさんが
色々と配慮してくれて、
次の便に空きがあるので、どうか?と聞いてきました。

もちろん、その便でお願いしました。

ふう・・・。遅くなるけど、何とか無事に北海道に帰れる像☆

本来はこのような振替は出来ないと優しく言われました。
当たり前ですね。もともと俺は早割のチケットで、
振替なしの条件付きのを了解の元、予約していたのですから。

でも、今回の寛大な措置には本当に感謝です。
ありがとう、AIRDO(エアドゥ)☆
やっぱ、道民の翼やね。


304
この後の手荷物検査も無事に通過し、
出発口へ向かう途中にスタバがありました。
ここのアイスコーヒーで一服です♪

いやぁ~、乗り遅れもあって、何というか、疲れました(^^A

305
少し見づらいですが、俺の乗る帰りの飛行機「AIRDO(エアドゥ)」。
今回は乗り遅れたけど、優しく俺の帰りを迎えてくれたようです(苦笑)

夜8時15分。予定よりも遅ればせながら、東京を発ちました。
そして夜9時50分ごろに新千歳空港に到着。

北海道の冷たい気候が出迎えてくれます。



帰りのJRの中で、少しウトウトとしながら、
今回の旅を少し振り返っていました。

今回の主な目的の一つが
祖父の出生地を見に行く事でした。

その際には、金沢で利用したタクシーの運ちゃんに
本当にお世話になりました。

100年以上の時を経て、子孫の俺がその場所を見させてもらった時は
上手く言えないけど、何か暖かいものを感じました。
北海道での自分の家系と、北海道に渡る前の石川県での自分の家系とが
何か繋がったような気がします・・・。


東京では、ブログの読者でKさんと交流させてもらいました。
メールでの雰囲気そのままの優しい方でした。
コワい人だったら、どうしようかと思っていました(ゑ!?)

年齢差はあれど、ネット等が縁で色々な人と交流できるのは
俺自身も勉強になります♪

今回は、現地の人に本当にお世話になった旅でもありました。

この恩は一生忘れないでしょう。


そんなわけで、俺の旅行記はこれでおしまいです。
9回に渡った長編でしたが、いかがだったでしょうか?

さすがに読み疲れたかな(^^;

最後まで読んでくれてありがとう!

それでは、また☆








PET1の一人旅~⑧東京編【某読者さんとの交流】

旅行記も8話目。
3日目の9月11日(日)で、東京へ移動後から。

タイトル通り、私のブログを読んでくれている
某読者(以下、Kさん)さんとのオフ交流のお話です。

このKさんとは、私が今のココログに引っ越してきた辺り?から
いつも読んでくれていて、時々、メールで感想を寄せてくれていました。

今回、旅行で東京へ寄るのもあり、
お会いする事が実現しました。


何度か携帯メールで連絡を取り合い、
Kさんのご厚意で、何と!
滞在先付近の浜松町まで迎えに来てくれる事に!

夕方6時にJR駅で待ち合わせ。
初対面なので、一応、互いの服装や特徴を連絡し合っています。

それでも初めてお会いすると言うのは、
ドキドキするものです。

少し待っていると、Kさん登場!
確信を持った俺は即座に接近し、ご本人である事を確認。
互いに挨拶を交わしました。

Kさんは大学生の20代男性で、
俺と同じくⅡDXを好む音ゲーマーさん。

とりあえず互いの共通点?でもある音ゲーにちなみ
ゲーセンで交流しようと言う事で、秋葉原へ移動。

山手線での電車の中で、
互いの世間話を色々とかわします。


Kさんはメールからの雰囲気通りの人で
優しそうな感じがして、なんだか勝手に安心しました(^^;

Kさんも俺に対して、同じような印象を持ってくれたみたい。
でも、本当の野望は世界征fk・・・(蹴)

アキバに到着。
Kさんの土地勘を頼りに数件案内していただきました。
お馴染みの電気街なんぞを横目に進んでいきます。

ゲーセンでは最初に私がいつもどおり弐寺をプレイ。
次にKさんがプレイ。

SP段位は十段!
やはり凄腕そうです(^^;

最近は様々なネタプレイを考案しており、
それを幾つか披露してくれました。

・グラディウスのラストはスクラッチは射撃効果音
・NEMESIS(N)の間奏地帯で、ジュースを買って、飲んでからプレイ。
・「俺はビートマニア!お前は何マニア?(N)」の5鍵モードと
 AS(オートスクラッチ)の組み合わせで、ラストは自動演奏
・Macho Gang(N)をASで前半は自動演奏
などなど

楽しい時間をありがとうございます(笑)

何度かガチプレイをしてくれましたが、
EVANS(H)をHARD抜けとか目が丸くなりました・・・。
私なんか、EASY付けても無理です。次元が違いすぎます(瀧汗;

途中、ポップンで何度かプレイをしましたが
私のSUDDENプレイとお邪魔で
「もっとふわふわ判定ライン」+「地震ぐらぐら」のずっとかけっ放しに
驚かれたらしく、東京ではあまりいらっしゃらないとか。

俺自身、ポップンは殆どこのスタイルでやっていたから、
あまり気づかなかったけど、少数派プレイの要素は好きだったからなぁ・・。

Kさんは太鼓の達人もプレイしていて、
主にシングル?をやるようですが、
叩きっぷりはかなり様になっていました☆

ゲーセンでの交流もひと段落したところで
近くのファーストフード店で食事を取りながら
色々とお話をします。

ここで俺が①で書いた新千歳空港で購入したのと
実は金沢滞在中にもひそかに買ったお土産類を
彼に渡しました。

毎回、会ってくれる人にはお土産を用意していきます。
やっぱ北海道から来る田舎モンに会ってくれるのが嬉しいのと
北海道の味覚をよろしく!と言う
ちょっとヤラシい要素も含まれております(笑)

新千歳ではお菓子類を少々用意していきましたが
金沢滞在中はずっとホテルの冷蔵庫に保管していました。

あと、Kさんは鉄道関係に興味があると言う事で
金沢でそれらしきイイお土産を見つけたので、
それも一緒に用意させてもらいました。


彼は色々と悩みを抱えておりました。
学業の事、将来の事、自分の趣味の一つである鉄道関係の事も
コンプレックスを抱いているようでした。

あまり詳しく書けませんが、
それらに対して俺は俺で思う事を言わせてもらいました。

彼にも話させてもらったけど、
鉄道関係の趣味は俺個人の意見として、
とても素敵な趣味だと思っています(^^)

だって、その鉄道にかかる一つ一つに歴史があります。
ブルートレインは子供の頃、乗りたかった電車でもあります♪

何というか、俺もロマンを感じるのですよ。


でも、何よりこんなアラフォーに近い
「アフォー」なオッサンに会ってくれたのが
本当に嬉しかった。

わからないけど、20代前半の人が
40近いオッチャンに会うとなると、結構考えてしまうかもしれません。

だって、職場なんかだと部下と上司のような年齢差。
俺だったら、凄く不安になるでしょう。

そんな垣根を飛び越えて、
俺と会ってくれて、なおかつ自分の事を色々と話してくれたのが
本当に嬉しかった。

だから、俺も自分の経験を交えて、自分なりの事を
話させてもらいました。


その一歩踏み出す姿勢を是非、大切にしてほしいな♪


Kさんと色々と話していると
あっという間に電車の時間が迫ってきました。

互いの再会を誓い合い、別れました。


色々な余韻にひたりつつ、
ホテルに戻ってきました。

さて、そろそろ寝るか・・・。




297
実は俺のパートナーが別行動で買い物に行っていて、
もう少しで戻って来るんだけどなぁ~。

セミダブルのベッドで、このあと、夜のいとなみを・・・

















すいません、真っ赤な嘘(ウソ)です!!!






俺にパートナーなんて、いません(TT)
気ままな一人旅なんです。

予約した東京のホテルが一人でもセミダブルの部屋だったと言うオチ。

いつかパートナーが出来たら、
今度は2人で旅行したいなとひそかに思うつつ、
床に就きました。


私信ながらKさん。
交流の時間、本当に楽しかったです。
また楽しくやりましょうね♪


次は最終日のお話。あと1~2話ぐらいで終わるかな?
良かったら、この続きもお付き合い下さい。

それでは、また☆


2011年9月18日 (日)

PET1の一人旅~⑦金沢→東京

旅行記も第7話となりました。
3日目の9月11日(日)のお話から。


131
朝6時ころに目が覚めてしまい、ホテルの窓から金沢市街を見ました。
もう見納めです。何だかあっという間で、寂しく感じました。
でも、いつの日かまた来たいです!

292
身支度を整えてチェックアウトを済ませ、
小松空港行きの連絡バスに乗ります。
東京へは飛行機で移動です。

293
小松空港行きのバス乗車券を買った直後。
意外にも券売機とかが無くて、係員が直接料金を徴収し、
手渡すシステムでした(^^;

バスに乗り込み、小松空港までは約1時間程度。
何だかあっという間でした。
窓から見える日本海がとても綺麗でした・・・。

294
小松空港に到着☆自動機でのチェックインも無事に完了(ォ
あとは出発時刻を待つだけです。

295
出発ロビーのある2階へ上がってきました。
色々なお土産屋さんがありますが、殆ど済ませてあるので、
ここでは簡単に昼食を済ませるだけでした(^^;


東京(羽田)行きの飛行機に乗り込み、少し仮眠を・・・。
約1時間程度で到着するようです。

少しウトウトしていると、もう羽田に着陸する直前。
無事に到着しました!

東京では、ブログの某読者さんにお会いするのと
趣味のトランペット関係のパーツ漁りなんぞの買物が主な目的です♪

今回の宿は浜松町なんで、モノレールで直接向かいました。
浜松町に降り立って、予約しているホテルを目指すも、
しばし迷います・・・(汗;

いやぁ~、東京も暑いですのぉ・・・。

キャリーバックをゴロゴロ引きづりながら、
しばしホテルを探し、何とか辿り着きました。

無事にチェックインし、まずは部屋に入って安堵です☆

この後は、ブログの読者さんとお会いすることに。
それでは、次のお話で!


PET1の一人旅~⑥金沢見物(2)

旅行記第6話。
2日目の9月10日(土)の金沢観光の続きから。
今回も写真ベタベタ貼ってます。


兼六園を出て、次はその隣にある金沢城を見学。
088_2
金沢城への入口。

109
入口をくぐり、少し中を進むと↑のような所に出ます。
何だか、「遠山の金さん」なんかを連想してしまうような風景です(笑)

110111
先ほどの写真から左手に角度を変えたのがこの2枚。

113114
さらに進むと、広い空地のような所に出ます。
広大な庭なんでしょうね。
116 118
後ろに映る金沢城を見納めして後にします。


次は「ひがし茶屋街」を散策。
地図を見ると、少し歩くけど、何とかなるな・・・。

しかし、金沢市街は暑い・・・。
北海道でも9月の残暑は続いていたけど、
本州方面の暑さはけた違いですね(汗;

ひがし茶屋街に到着!
120121
土曜日だったのもあってか、結構たくさんの人が訪れていました。
あと外人さんも多く見かけました。きっとこういう日本の観光地は
喜ばれるのでしょうね♪

123124
狭い通路を挟んでの古い建物同士の街並みって、
北海道ではあまり無いので、思わず撮っちゃいました♪

違った文化を垣間見れるようですね。

126127

ひがし茶屋街を歩いていると、
何だか心が落ち着いてきますね~。
ここ最近仕事でバタバタしていて落ち着かなかったのもあって
とても貴重な時間のように感じました。

128

小1時間ウロウロしていたかな?
思わずうっとりしてしまいました(笑)


この後は、ホテルに一旦戻って、休憩した後、
ご当地グルメ?とされている「金沢カレー」なるモンを
食いに出かけました。

290
「ゴールドカレー」と言う名前の店。
メニューのガネーシャくんがイイですね♪

291
チキンカツカレーをオーダーして、
料理が運ばれてきた直後。
記念に撮りました。いやぁ~、なんだか美味そうだ。わお☆

んで、食ってみて感想。
ルーはトロトロで濃厚。胡椒で整えている感じかな。
乗っかっているカツは最初にソースがかかっていて、
俺的にはスゲー好き。

横にくっついてるキャベツの千切りがヘルシーな印象。

はぇー話、めっちゃ美味い☆
お目当ての一つでした、実は(笑)

そんなこんなで金沢の夜は更けていく・・・。

3日目の9月11日(日)は東京へ移動。
金沢は、マジで来てよかった☆


続く☆


PET1の一人旅~⑤金沢見物(1)

前半3連休の中2日目。皆様、いかがお過ごしですか?

旅行記第5話。
2日目の9月10日(土)午後以降の金沢見物でのお話です。
今回も写真ベタベタ貼ってます。


祖父の出生地を見ることが出来たので、
金沢市街へ戻ってきました。
040

午後からは「兼六園」などの観光地を見物です☆

まず、その
「兼六園」に行くのに、
シャトルバスが出ているようですね。

J
R金沢駅東口にあるバス乗り場で並んで待ちます。
038
バスに乗り込むと、料金は「後乗り後払い」制。
北海道と同じシステムで、ホッとしました(^^;
ちなみにシャトル便に限り、一律大人100円。子供50円のようです。

083_2
↑初めて訪れる観光地で全く初めて歩く場所。
とまどいながら、まずは「兼六園」を目指します。

090
兼六園の入り口の一つのようで「桂坂口」と言う所。
ここから入っていき、料金所で300円を払って見学します。

091
↑趣のあるお土産屋さんやら、茶屋などが並んでいます。
久しぶりに観る情緒漂う光景ですね~♪

092
↑正門だったかな・・・?

093
中に入って最初に目についた噴水。
この日は本当に暑かったので、しばしの癒しでした♪

094
↑左手に祠のようなのが・・・
このようなのが至る所に残されています。

096
兼六園は敷地面積が大きいので、
見て回るだけでも相当時間がかかりますね(^^;
あと、分かれ道が幾つもあるので、どっちを見て回るか
迷ってしまいます。

097
木陰のようなところから出ると、池が・・・!
こんな光景もなかなか拝めません♪
099
さっきの写真から少し右手に歩くと
こんな光景に。
日本の観光地であることを再認識させてくれるようです(^^;

101
↑霞ヶ池なる所だったのですね・・・

102103
2枚続けてハリハリ・・・
そろそろ次へ向かう感じですな。

107
↑日本武尊(やまとたけるのみこと)の銅像
兼六園と何か縁があるのでしょうが、無知の俺には意外でした。

108
兼六園を出るころに撮った一枚
とても和む風景ですね♪
暑かったけど、すごくいい場所でした。

そんなわけで金沢見物の前半はここまでです。
第6話に続きます。

それでは!!

PET1の一人旅~④祖父の出生地(2)

前回の続きから。

祖父の出生地と思われる場所は、
わかったのだけれど、100年以上経たのもあって、
ゆかりのあるものは何も残っていませんでした。

先ほどのバス停の所まで、
戻ってくると神社が目に映りました。

用意したy?hoo!!地図のプリントを見ると、
白山神社のようですね。
058

今はやりのパワースポット巡り・・・と言うわけでも無いですが、
ここに来られたのも縁ですよね♪

無事に自分の家系にゆかりのある場所に
来られたお礼を兼ねてお参りをして行く事にしました。

063

神社自体は、かなり古い感じのようですが、
階段の途中に奉られている馬の銅像?は比較的新しいようです。
地元の有志の方が作られたのでしょうか?

何かしら地元への思い入れのようなのが伝わってくるようです・・。

065
↑さっきの馬の所から、階段を上ると本殿が。
両サイドの狛犬を通って、中に入るとお賽銭箱が。

100円玉を投げ入れて、手をパンパン叩いて、
ここに来られたお礼を心の中で呟かせてもらいました。
そして、いつの日にかまたここを訪れることも誓いました。

その時は、将来嫁さんや子供が出来た時にまた
ここを訪れたいな・・・。

その前にイイ人を探さないとね(^^;トホホ・・・。

067
↑神社の階段を下りる途中で、目に入った校舎。
実は事前にインターネットで調べてきたのだけど、
金沢市立朝日小学校だとか。

今では、なかなか見かける事の出来ない木造校舎ですね♪
自分も通っていた小学校が木造だったので、
何だか懐かしい感じがします。

079
階段を下りて、校門の所にやってきました。
そういえば、全然静まり返っていますね。
土曜日でまだ午前中なんだけど、休みなのかな?

さっきの運転手さんが校庭で休憩していたので
話しかけてみました。

PET1「木造の校舎って珍しいですね~♪」
運ちゃん「お!どうだい?色々見てきたかい?」

PET1「ええ。ただ爺ちゃんの生まれた場所は
    100年以上も経っているせいか、何も残っていなかったですが。」
運ちゃん「そうかい。もしかしたら遠い繋がりでゆかりのある人が
      近くに住んでるかもしれないね」

PET1「ところでこの小学校って、今日は休みですか?」
運ちゃん「そうみたいだね。でも、生徒さんは少ないよ・・」

この運転手さんは、時々、この地区の子供さんを保護者からの連絡で
登下校時によく乗せていたとか。

また山に囲まれている、この加賀朝日町は
クマが出没することもあるらしく、登下校時に
鈴を持たせて歩いていることもあったようです。

俺の地元も時折、クマの目撃情報があったりするから、
どこの田舎もクマ対策は大変ですよね・・・(TT)


爺ちゃんの出生地巡りで
場所もわかったので、運ちゃんにJR森本駅に戻る旨を伝えました。

タクシーに乗り込むと、
さっきのゆかりのある人の話についての続きで
運ちゃんが仕事で使っているゼンリンの地図を見せてくれました。

運ちゃん「きっと曾爺ちゃんの兄弟が分かれたことも考えられるから
      もしかしたら、つながりのある人がいるかもしれないよ。
      思い当たる家とかあるかい?」

運ちゃんは、そう言ってくれました。
マジマジとゼンリンの地図を食い入るように見ています(^^;

もちろん見ている所は、「加賀朝日町」とその付近の地区。

・・・でも、残念ながら思い当たる所は見当たりませんでした。

仮に曾爺ちゃんの兄弟が分家とかで分かれていたとしても
もうそれを調べる術は殆ど無いでしょう・・・。

俺の本名は明かせないけど、
あまりない珍しい苗字だとよく言われます。

でも、北陸地方には割といる名前らしいです。
046
でも、自分の家系のゆかりのある場所を見ることが
出来ただけでも俺は満足です☆

考えてみれば、爺ちゃんは自分の事は殆ど話さなかったから
石川県で過ごしたのは、記憶にあるか無いかぐらいかも。

大正の前後くらいに北海道に渡ったと聞いているし。

100年以上の時を経て、
子孫の俺がここを訪問させてもらったのは
何らかの縁があると思っています。

本当の意味での第2の故郷かもしれませんね。
前述したけど、また訪れたい場所です。

いつの日か、再び来たいです。


JR森本駅に戻り、タクシーの運ちゃんには
本当にお世話になったので、何度もお礼を言って別れました。

いい思い出になりました☆

この後は、金沢市街に戻って、
有名どころの「兼六園」などの観光です♪

今回はここまで!!!



2011年9月17日 (土)

PET1の一人旅~③祖父の出生地(1)

3連休の初日、皆様いかがお過ごしですか?

旅行記第3話。
旅行2日目にあたる9月10日(土)のお話です。


この日は、早く目が覚めて時計を見ると、
午前6時半・・。普段の土日なら熟睡中です(笑)

シャワーを浴び、身支度を整えて、
今日出かける所の簡単なチェック。

タイトルでおわかりと思いますが、
自分の祖父が生まれた場所を見に行くのです。

ちなみに祖父が生まれた所は
ネットなどで色々調べたら、金沢市内の「加賀朝日町」と言う所。


まずはホテルを出て、「加賀朝日町」までの移動は・・

①JR金沢駅→JR森本駅 ・・・ 電車で移動
②JR森本駅→「加賀朝日町」・・・タクシーで移動

バスもあるようですが、時間が合わないので断念。
途中、タクシーの運転手さんから

運ちゃん 「お客さん、どっから来たの?」
PET1 「北海道です。」

運ちゃん「へー!わざわざそんな遠い所から来てくれたのかい♪
       旅行か何かかい?」
PET1「実は自分の爺ちゃんの生まれた所が加賀朝日町で、
    是非見ておきたくて・・・」

運ちゃんの表情が一気に歓迎モードに(笑)
加賀朝日町に無事到着!
バス停付近の空き地で降ろしてもらいました。

俺がまた携帯で迎えをお願いする旨を伝えた所・・・

運ちゃん「迎え?ああ、いいよ、いいよ!ここでメーター止めて、
     俺も休憩がてら、待ってるから。ゆっくり見ておいで^^」

何と、料金メーターを止めた状態で、
そのまま帰りを待っていてくれることに。

願ってもないお話ながら、
甘えさせていただくことになりました。


事前に用意したy?hoo!!の地図プリントを片手に
まずは祖父の出生地と思われる所へ向かいます。

057

北海道の田舎と比べると
家屋と家屋の間が結構近いですね。

玄関を出ればすぐ道路なのも
よそ者から見れば驚きです(^^;

何というか、また違った暖かさを感じる田舎ですね♪
早速、散策開始です。

072
↑バス停付近にある「金沢市旭日公民館」

078
↑この道路の向こうが、俺が見当つけている
祖父の出生地と思われる場所に出ます。
100年以上も前の話だから、何も残っていないと思うが・・・。

044
↑歩いている最中、後ろを振り向いた際に撮った一枚。
左手は、先ほど貼った公民館が見えますね。

054
↑今回の目的地にたどり着きました。
左側の家屋と右側の建造途中の建物との間にある
空き地・・電信柱が立っている辺りのようですね。

予想していた通り、何もない状態でした。

そこに、ゆかりのものは
何も残っていなかったけど、
爺ちゃんが幼少の時を過ごしたのだと思うと、
何か感慨深いものを感じました。
048
自分の住んでいる田舎と違った
自然がすぐ目の前にある感じなので、
爺ちゃんが小さい頃は、いつも遊びまわっていた・・・
そんな光景が想像できそうです。

見ることが出来て、本当に良かったです!!


ひとまず長くなるので、第3話はここまで。






2011年9月16日 (金)

PET1の一人旅~②金色の雲海

こんばんは☆
旅行記第2話
です。

9月9日(金)夕方4時30分。
俺の乗った小松空港行きの飛行機は、石川県へ向けて離陸しました。

自分の席は窓側。
俺は窓の景色を見ながら、祖父の事を思い出していました。




祖父は俺が15歳の頃に胃癌で他界・・・。
寡黙なお爺ちゃんで、一人で黙々と大工仕事をやっていました。

体調を崩して入院をし、
余命幾ばくも無い旨を親から聞かされていました。

両親が懸命に世話をしているのもあり、
俺は祖父の元を数回見舞ったのみでした・・。

亡くなった後で、親から祖父が
俺に会いたがっていた事を聞かされました。


祖父が亡くなる2か月ほど前、
当時、中3で吹奏楽部だった俺は
地元のイベントでの演奏を終えたその帰り、
たまたま祖父が入院している市立病院の前を通ります。

このとき、思わず「爺ちゃんに会ってこようかな・・・」と考えました。
しかしながら夜中だったのもあり、「面会時間とか過ぎてるだろうし、
入ったら怒られそうだな・・・」と考えてしまい、
結局、中には入らないで、そのまま帰ってしまいました・・・。

この後も結局、見舞いに行くことも無く、
祖父は亡くなりました・・。

今思えば、会っておくべきだったと後悔しています。
爺ちゃんに会うことがあったら、せめて一言謝らなきゃな・・・と
今でも思っています。

そう思うと、俺は一人、窓の景色を見ながら、
そっと手を当てて、涙がこぼれてしまいました・・。

「爺ちゃん、会わなくて本当にごめんね・・・」
そう思うと、涙がこぼれてきます。


飛行機の中なので、
隣の席の方に悟られないようにしていましたが、
おそらく気づいていたでしょうね・・・(^^;


さて、祖父の出生地である石川県へ向かう機内ですが、
飛行機の窓から見る夕方の空模様は、
本当にきれいな雲海が広がっていました☆

心地よい感じの眩しさで、
どこまでも広がっている雲海が黄金のように輝いて見えました。
まさに金色の雲海のようです♪


ご先祖様が北海道へ渡る前の生活拠点であった石川県へ、
子孫である俺を優しく誘っているかのようにも思えました。


きっと気のせいでしょうけどね(笑)


今回の旅は、自分の家系のルーツを辿りたい!
と言うのが一番の目的です。

地元の戸籍謄本で判明したのがきっかけに、
ゆかりの地へ赴くことが出来るだけでも、本当に嬉しくなりました☆


2時間近くのフライト時間はあっという間で
陸地が見えてきました。

俺自身、初めて見る北陸の上空です。
そして、爺ちゃんの生まれた石川県!!

北海道とまた違った趣の田園風景も♪

無事に飛行機は小松空港に到着しました。
「爺ちゃん。俺、爺ちゃんの故郷にきたよ!!」と
思わず心の中でつぶやいていました(^^;


278
↑飛行機から降りて間もない所でパチリ♪
初めて石川県に降り立ちました☆



279


↑小松空港の到着ロビーの一コマ。
これからバスやJRを乗り継いで、宿泊先の金沢市へ移動です。

280
↑JR小松駅
空港からの連絡バスを降りた所で、
これから金沢市へ移動。

小松駅から金沢駅まで40分ほどかかったと思います。
何というか、立ちっぱなしだったのもあり、長かったです(汗;

あと北海道の田舎育ちなのもあり、
わからんかったんだけど、向こうの電車って、
降りる時は、ドアの近くにあるスイッチを押して、電車を降りるのですね(^^;

バスで目的地の停留所が近づいてきたら
お知らせ用のボタンを押すのに似ていますね。

見慣れない習慣だったので、
少しとまどいました(汗;

281
↑JR金沢駅東口
駅から出た所で、入口で、シンボルである”つづみ門”の中ですね。

282
↑”つづみ門”を出た所。
ピンボケすいません・・・

宿泊先のホテルは、すぐ近くだったので、
助かりました~。。。いやぁ~、なかなかの長旅でした(^^A

285
↑無事に到着のちょっとした安着祝い☆
金沢の地ビールで乾杯です(笑)

そんなわけで、旅行初日は無事に終了しました。



第2話はここまで!!


2011年9月14日 (水)

PET1の一人旅~①新千歳空港からのTABIDACHI

9月9日(金)→12日(月)での3泊4日の旅から帰ってきました。
今回から、旅行先の出来事を綴っていきますね。


9月9日(金)

この日から夏休みで仕事はお休みです。

午前10時過ぎに自宅を出て、
まずは愛車でJR滝川駅に向かいます。

パーク&トレインを予約していたので
駅敷地内にある駐車場に愛車を入庫。

次はJRで新千歳空港へ向かいます。
電車に乗るのは約1年ぶり。
普段の移動は車を運転しているので、すごくラクです♪

270
↑JR新千歳空港駅に到着☆写真は改札を出た所ですね。
こっから空港の2階にある出発ロビーに向かいます。

271
↑東京では楽器屋へ立ち寄る予定もあり、
持ち歩いているトランペット入り楽器ケース。

今回の荷物は
キャリーバック、ショルダーバック、↑の楽器ケースの3つ。


この日は夕方4時半の便で
小松行きの飛行機に乗り、石川県へ向かいます。

・・・でもまだ少し時間があります(^^;

そういや、新千歳って、空港リニューアルしたとか。
せっかくなので、色々と見て回ることに。

2階のお土産屋さんのあるブースとか3階のレストランエリアは
結構変わっていた印象。

テレビとかで見た時は、極端に変わったのかな?と思っていたのだけど
劇的な変わり方ではないようですね。


一番、変わっていたのは4階。
あったのが映画館、カルビーの店屋、アニメイト(ォ、
ゲーセン、100円ショップ、温泉施設までありました(^^;

272
↑映画館「じゃがポックルシアター」

273
↑アニメイト
中には入らんかったけど、個人的に興味がありました(笑)

275
↑カルビーの店屋?
写ってないけど、左側には「じゃがりこ」でおなじみの
”食べだしたらキリンがない”とかのキリンちゃんのぬいぐるみが
置いてありました(笑)

274
↑ゲームコーナー
空港内のゲーセンだけあって、
「アフターバーナー」の最新作とか、
飛行機がらみのが気持ち目立ってました(笑)

276
↑同じ4階にある温泉施設(名前忘れた・・・)
でも、入浴料はチト高めかも・・・
窓から見えたマッサージは気持ちよさそう~♪


4階を後にして、2階に戻り、
ここのお土産屋さんで、おみやげを買っていくことに。

最近、このブログを見てくれている読者さんと初めて
東京で会うことになり、ちょっとした挨拶も兼ねて用意を(^^;


そうこうしているうちに出発時刻が迫ってきました。
ゲートをくぐり、手荷物検査で持っていた楽器ケースがひっかかりました(汗;

ケースに取り付けていたポーチの中を調べられ、
ラッパのピストンに付けるバルブオイルがダメらしい・・・。

かなり昔、東京のザ○レムで購入したものなんだけど、
何でも、こいつの容器に成分が明記されていないらしく、
書いていないと、危険なのか安全なのか判別できないので
没収になる模様。

担当官の若いアンちゃんが丁寧に応対してくれたのもあり、
快く没収に応じました。

殆ど使わんオイルだし、別に未練もないな・・・。



277

↑出発口に向かっている所から撮った写メ(笑)
気を取り直して、飛行機に乗り込み、
石川県(金沢市)へTABIDACHIます(笑)

この続きは②へ。
それでは☆




ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名


美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士